知と挑戦の基地「ミライへのアソビバ」2020 スタート!

CoCメンバーのあやです!

知と挑戦の基地「ミライへのアソビバ」(以下アソビバ)とは、それぞれ「挑戦」したいことを決め、それを自らの力で叶えるために活動をしていく場所のことです。

2019年からスタートたアソビバは、コロナの影響で10月まで活動を自粛していましたが、ついに2020年もスタートしました。今年は、小学生だけでなく、中学生、高校生、大学生でも、もっと広い世界を知りたい!好きなことに挑戦したい!と思った人は参加できるようになりました。

今、アソビバでは「CASACOの宣伝動画をとることに挑戦する!」と宣言したし参加者がいて、前回は動画の内容、撮影時間などの構成を考え、インタビューをしたい人や撮影したい人へアポを取っていました。今回は、実際に動画を撮影し、編集作業をしています。カメラワークにこだわりながら、とった動画にBGMをつけ、効果音をつけ場面を切り替える技を身につけることができました。

もう1人の参加者は、秋冬の花をテーマにした写真集を作ることを挑戦をしています。今回は実際に近くの公園まで行き、どんな花が咲いていて、どのようカメラを使えばきれいな花が取れるかを実践しました。シャッタースピードや絞りを調節しながら(去年のアソビバで習得した技が生きる!)、花がきれいに映るように試行錯誤しています。今回行った公園の花だけでは写真が足りていなかったので、次は少し遠くまで行って花の写真を撮りたいとのことでした!

今日は、後半、参加者全員で一緒にやる挑戦にもチャレンジ!現在CoCで取り組んでいる、横浜駅西口周辺のまちづくりの一環として、今年は「子どもがつくる、子供のための西口ガイドブック」作りを実施します。このガイドブックを、アソビバのみんなで作るんです!!

今回は、前回考えた横浜駅西口に関するアンケートを実際に友達にやってもらい集計作業をしました。協力してくれた友達の回答を振り返りどのような回答があるのかを確認していきます。自分たちが知らなかった場所が書かれていて、良いデータが集まりました。しかし、質問項目がうまく伝わらず自分たちが意図していない回答があったり、そもそも横浜駅西口にあまり行かないなどという問題もあったりしました。そこで「答えやすいアンケートを作るために、現地調査が必要なのでは??」という意見が出たので、次回は横浜駅西口に現地調査に行きます!!

アソビバは、子どもから大人まであらゆることに「挑戦」する人を応援しています。参加は無料です!!木曜日16時、ぜひCASACOにきてください♪

The following two tabs change content below.
あや

あや

19才大学一年生。CoC出版「世界の朝ごはん」レシピ本編集長。2020年2月NPO法人Connection of the Children学生会員に所属。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

年間3000円/口からご寄付をいただいております

ご寄付はこちらから
error: Content is protected !!