0001_xlarge

ついに始まる!!カサコ解体!!!


教育と旅
建築
まちづくり

のプロフェッショナルがチームを組み

‘日本で一番地域に密着した宿’

づくりを目指している。

カサコPDFラスト

多世代・多国籍なつながりができることで
日々の生活はより豊かになると

代表の加藤は自身の
ユーラシア大陸横断自転車旅の経験から語る。

カサコが地域の良さを再発見できる場

子供の放課後安心して遊べる場所

旅人が日本の素晴らしさを知れる場として

まずは多世代がつながるのカフェを作る予定。

3年をめどに多国籍なつながりができる場にも
していこうと計画中。

141201_2-3_完成予想図

141208_2-3_完成予想図_1_Page_2

141208_2-3_完成予想図_1_Page_1

そしてついに今週末から、カサコの改修に向けて解体がはじまる。

近くにある、横浜市立図書館前の道の石だたみが
剥がされ、アスファルトになってしまったことは

まだ記憶に新しいが

実は、人とのつながりで、カサコにその石畳の一部が
寄贈されているのである!!

カサコ改修にあたり、まず明日から

いただいた石畳を整形するワークを始める。

また、実際の解体現場を見学することで、
伝統的な日本の家がどうなっているのか、

普段はのぞくことのできない裏側を見る機会。

次の日程で実施するので、ぜひ遊びに来て欲しい!!!

・10月12日(月祝) 11〜13時: 解体
・10月17日(土) 11〜13時 :解体
・10月18日(日) 11〜13時 :解体
※参加費無料
※危ない作業は行わず、プロの大工が監督する。
※保険加入済
※各回手作りお昼付!

場所:カサコ
(西区東ヶ丘23−1)
casacomap

連絡先:info@coc-i.org
担当:加藤