CoCの事業

Connection of the Childrenは象徴的な活動である世界中の人を目に見える形で繋ぐ「糸つなぎ事業」の他、旅をベースとした「教育事業」、カサコを拠点とした「国際交流事業」を展開しています。

教育事業
挑戦力、適応力、共感力、教養力、解決力、表現力の6つの旅力が身につくプログラムとして、旅をベースとした教育事業を展開している。留学生や海外経験豊富な旅人と共に教室を訪問して行う「タビノバ」、実際に海外や国内を旅する「タビターン」、多様な生き方をしているゲストを招いて大人や子どもが一緒に学ぶ「タビゴヤ」などのプログラムを実施している。

国際交流事業

横浜市西区にあるコミュニティ拠点「カサコ」を中心に毎月二回世界各国の朝ごはんを楽しむ「世界の朝ごはん」や、毎月一回海外の文化に触れる「コクサイナイト」といった国際交流イベントを実施している。日本で学ぶ留学生や、外国人居住者、世界を旅した旅人らと交流することで参加者が気楽に海外に触れることができる。

糸つなぎ事業

世界の人々を一本の糸でつなぐプロジェクト。CoCと出会った人が1本20㎝の糸を前の人の糸の先に結んでつなぐことで、世界中の人のつながりを糸によって視覚化する。糸をつなぐことで、人種も宗教も、国籍も貧富も問わず全ての人が垣根を超えて繋がることを目指している。2017年11月までに83カ国11,523人の人を繋いでいる。

寄付・ボランティアのお問い合わせはこちら

1日33円~寄付をする