ポルトガルレポートFromコースケ

レースで小さな村を通過するとき村の子どもたちが一緒に走ってくれた

5月11日〜18日の期間、CoC代表のコースケが、ポルトガルの国立公園の中で開催されるトレイルランニングのレース(PGTA)に出場、無事完走しました!レースのダイジェストが届きましたので、今回ご紹介します!

———————————————————————————————————–

「ポルトガル」という国は、私にとって特別な場所です。

遡ること7年。2011年の4月。CoCを一緒に立ち上げた「ヨシ」と私、コースケは、ポルトガルの地に立っていました。

傍らには新品の自転車。私たちは、ポルトガルにあるユーラシア大陸最西端の地「ロカ岬」から自転車を漕ぎ出し、1年かけ日本まで自転車で旅をしました。総距離は2万キロ。31カ国を自転車で回りながら、今や1万人以上のつながりができている「糸つなぎプロジェクト」を実施しました。

1.7年前のポルトガルにて

「人生の大きな転機となったポルトガルに、7年ぶりに呼ばれている!」初めてPGTAの存在を耳にした時、直感でそう感じました。今回も人生の転機になりそうだ、という感覚がありました。

7年ぶりのポルトガルでは、美しさとその歴史の深さで有名な北部の街ポルトのさらに北、スペインとの国境にある、ペネダジェレス国立公園内で、7日間、220km、トータル18000mほど山を上り下りするステージレース(何日かに分けて長距離を走るレース)に参加しました。

2.レース直前

息を呑むほど美しいポルトガルの景色、魅力的な参加者、そして毎日レース後に待っている絶品ポルトガル料理と地元のワイン(ビンニュ ダ カザ:7年ぶりにこの言葉を使いました!)のおかげで非常に素晴らしい毎日を過ごしました。

3.4日目のレーススタート

4.レース後の食事

レース3日目、50kmのステージ中に足を痛め、4日目から足を引きずりながらのレースでしたが、足を痛めたおかげ?で、様々な選手たちとレース中会話をすることができ、33カ国から集まったクレイジーな仲間たちと家族のようなつながりができました。

5.ジェルソンとともに

特に、3日間ほぼ一緒の順位で走ったブラジル人のおじちゃんランナーのジェルソンとは、スペイン語とポルトガル語だけで合計10時間近く一緒に旅しました。今回のレースで忘れられない選手の1人です。レース最終日には、1週間帯同してくれた彼女へ、兼ねてより仕込んでいたプロポーズも成功し、レース後3週間経っても残る足の痛みはあれど、7年前同様、人生の大きな転機となったポルトガル遠征でした。レースの詳しい模様は、順次こちらにアップしていくので、お楽しみに!

6.3日間一緒に走ったジェルソンとのゴール(3日目)

そして、今回もポルトガルに行くのだから、糸つなぎをしよう!!と意気込み、アルゼンチンでつないでいる糸を持ってポルトガルに行きました。ポルトに到着し、地元の糸屋さんで糸を購入。早速そのお店のおっちゃんに糸を結んでもらい、幸先良いスタート!と思っていたのですが、レース中は走る以外のことを考える余裕がなく、結局1週間の滞在で、繋がった糸は1人。でも、素敵な出会いの中でのつながり。繋いでくれた糸屋のおっちゃん、オブリガード(ありがとう)。

7.糸つなぎをしてくれたおっちゃん

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

寄付・ボランティアのお問い合わせはこちら

1日33円~寄付をする
error: Content is protected !!