アルゼンチンでタビノバ実施!(後編)

糸つなぎ完了!

[前編のあらすじ]

アルゼンチンに滞在中のCoC代表コースケが、4月21日(土)に
現地の日本語学校を訪問。タビノバを実施して来ました!
しかし、La Plataにある日本語学校までの道のりは遠く、
なんと所要時間は6時間近く。しかし校長先生はじめ学校の皆さんから
温かく迎えていただき、いよいよ授業がスタートします!

 

校長先生に紹介を受け、子どもたちの前に立つと、みんなの顔は若干緊張気味。
自分が生徒だったなら、いつも勉強している言語を喋るネイティブが来たら
同じく緊張するだろうなと考えながらタビノバをスタート。

DSCN5464

今回のプログラムは、コースケが今までに世界を自転車で旅した中でも
Connection of the Childrenが生まれるきっかけになった
「ユーラシア大陸自転車横断2万キロの旅」の話をベースに、
世界の広さ、魅力、可能性をみんなと共有しました。

初めは緊張気味だったみんなも、コースケの話が進むにつれ
だんだんと緊張がほぐれ、笑顔や笑い声が聞こえるようになりました!

DSCN5441

特に砂漠で食料がなくなり、死にかけたこと、
そのときたまたま遊牧民のおばちゃんに出会い助けられたこと
もらったスイカが世界一美味しかったことの話では
みんな真剣に、そしてコースケの身振り手振りに笑い声をあげながら
プログラムを楽しんでくれているようでした。よかった!

そして最後は、コースケが旅をした理由
「糸つなぎ」の説明と、実際に日本から持って来た糸への糸つなぎを実施。

みんな不思議そうに糸を見つめながらも、一人一人
しっかりと糸を結んでつないでいきました。

糸つなぎ完了!

糸つなぎ完了!

今回のつながりで、日本を含め、コースケが持つ糸には
86人が繋がっています。帰国するまでにあと何人、何カ国の人が
糸を繋ぐのでしょうか。今から楽しみです!

授業終了後、先生たちとお話ししている中で、
なんとコースケの実家のある長野の松代に非常に近いルーツを持つ先生がいたり、
松代に知人が行ったことがあったりするという不思議なご縁も。

また来てもいいですか?という問いに
いつでもいらしてください、と温かい声をかけてくれた
宮脇校長先生はじめ、先生方、本当にありがとうございました。

またみなさんにお会いできることを心から楽しみにしております!!

ちなみに帰り道、La Plataからの電車は1時間遅れでした。笑

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

寄付・ボランティアのお問い合わせはこちら

1日33円~寄付をする
error: Content is protected !!