【ミライへのアソビバ①】子どもたちに話を聞いてもらうということ

IMG_7741

子供と話をしていると、
よく人の話を聞いてくれる子供と、そうでない子供がいます。

それって、良い子供と、悪い子供なんでしょうか?

もちろん自分の考えと違う人の話を受け入れられる素直さは、
個人差はあると思います。

ですが、話を聞く・聞かないに一番影響を与えるのは、
話し手と受け手の関係性なのだと思います。

大人でもそうだと思いますが、
人それぞれ、この人の話は聞きたい。参考にしたいと思う人と
そうでない人がいると思います。

その違いは、受け手からの話し手への尊う気持ちや、
憧れる気持ちではないでしょうか?

尊敬する人や憧れる人の話は、
自分の考えと異なっていようが素直に話を聞くことができ、
人生の参考にします。

何だあの人は!と思っている人の話は逆ですよね。
聞いているふりしても、無視ですよね。

子供も同じなんだと思います。

かく言う私は、学生時代よく家庭教師をさせていただきましたが、
最初に取り組むのは、生徒から、
この先生の言うことを聞いていたらうまくいくと思わせる
信頼関係を築くことでした。

会社に入り、部下ができるようになってからも同様のことを意識して
人間関係の構築から、まず取り組みました。
うまくいかないときももちろんありますが、
良い人間関係ができたときは、明らかに成果が出ます。
成績や業績が上がるのです。

ミライへのアソビバでは、そうしたスクール生との関係の構築を大切にします。
みんなが、より多い実りを手にすることができますように。

知と挑戦の基地「ミライヘのアソビバ」ブログ続編はこちらから!

①子供たちに話をきいてもらうということ
②みんなが応援しあう環境を
③本音で喋ろうよ!
④子供の無限の可能性を信じていますか?
⑤失敗は宝物
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なかむ

中村典宏
東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻修了、保育士・認定ベビーシッター資格保有、元電通部長。 NPO法人Connection of the Children理事。今までにのべ世界50カ国を旅する。未来へのアソビバ 未来への遊び場 未来へのあそびば みらいへのあそびば みらいへのアソビバ ミライヘノアソビバ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

寄付・ボランティアのお問い合わせはこちら

1日33円~寄付をする
error: Content is protected !!