新しい年に続く想い/ Vision to the future

IMGP9684_1

2018年新年おめでとうございます。Connection of the Children代表理事の加藤です。2017年は多くの方々の応援のおかげで、様々なプロジェクトを実施できました。本当にありがとうございました。CoCは現在、主に5つのプロジェクトを実施しています。

Happy new year! This is Koske Kato, the director of Connection of the Children. Thank you for your great cooperation in 2017.We now focus on 5 projects.

教室が旅先に!課外授業型教育プログラム「タビノバ」
Education program’Tabinova’

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旅の実体験を軸にした教育プログラム「タビノバ」では、旅人や留学生とともに小中学校の教室へ訪問。実際に日本国外で彼らが得た体験をワークショップに落とし込み、インタラクティブに学びを深めていきます。その中でCoCの提唱する6つの旅力(挑戦力・適応力・共感力・教養力・表現力・解決力)を身につけ、これからますますグローバル化する社会で自分がやりたいこと、やらなければいけないことを見つけ、それを実現できる人材の育成を目指しています。

This program is based on a travel experience and we go to a school with a traveler and an international student.We do a workshop and do our program interactively.In this program, we expect the children to gain insight into themselves and others and work on their core values by cultivating and developing six important skills.

旅力_日英

2017年は、5校で合計22回実施。合計473人の子どもたちに、プログラムの実施をしました。参加した子どもたちからは、

言葉を使わなくても気持ちは伝わるんだね 於:世界中で使える言葉を話そう(小4女の子)」
自分でことわざを考えるのは難しかった、でも一つ作れて楽しかった 於:世界のことわざから世界を見てみよう(小3男の子) 」
怒った顔で『ありがとう』伝えると気持ち悪かったから、これからは笑顔で『ありがとう』を伝えるね 於:世界の言葉で気持ちも伝えよう(小1女の子)」

他にも、中学校や高校、大学でも授業や講義をする機会をいただきました。2018年は、実施箇所の拡大、実施内容の深掘りを進め、より多くの子どもたちに想いを届けてまいります。

We had 22 class in 5 schools and met 473 kids in 2017 and we got many review from that kids.

I experienced and I know, there is a way to communicate without language.(10 years old girl)’
Difficult to think my original proverb but I’m happy because I could make one.(9 years old boy)’
I felt very weird when I said thank you with angry face.So I will say thank you with smile from now on.(6 years old girl)’

We will bring our project more widely in 2018.

旅する教育プログラム「タビターン」
Travel program’Tabitern’

IMG_5339

 

実際に子どもたちとともに旅に出発する「タビターン」では、現地を訪れ、自分たちと違う価値観に触れ、交流することで、実践的に6つの旅力を身につけていきます。2017年は、タイと式根島に渡航。

This program based on the completion of individual and team activities that help campers gain insight into themselves and others and work on their core values by cultivating and developing six important skills.We went to Thailand and Shikine island in 2017.

タイでは現地の小学生と授業を実施したり、全校生徒(300人×2校!)のカレーを給食につくったりしました。

We had classes and made their lunch(for 600 kids!).
IMG_4600

IMG_4531

 

式根島では、島の人たちと一緒にご飯を食べたり、ミッションラリーをしたりしながら、島の魅力、価値観の多様性を体感しました。

In Shikine island, we made a dinner with local people and had some workshop to discover the attraction point of the island and to experience the various value.
IMG_5372

 

2018年は、現行のタビターンへの参加者を30名程度まで増やすほか、タイ以外の国にもタビターンを開催できるよう、仕込みを進めていきます。

We will make this tour more bigger and do this program not only Thailand but also any other countries.

いつでも気楽に国際交流「カサコプロジェクト」
‘Casaco project’

160611_タザワさん演奏会

2016年4月にリニューアルオープンしたカサコ。2階は留学生の住居と、CoCの事務所として、1階は建築家やまちづくりの専門家とチームを組み、多世代多国籍なイベントの実施、放課後の子どもたちと留学生の交流の仕掛け作りを実施しています。イベントの一環としてCoCでは、月に2回世界の朝ごはんを定期開催。これまでに40カ国以上の国の朝ごはんを提供して来ました。

Casaco is the community house renewal opened in 2016. There are two floors inside. Upstairs is the resident of international students and downstairs is an event space. CoC opens many international event here such as ‘a world breakfast’. We made more than 40 countries so far.
16665962_388052711560742_8161278984895053325_o

 

2018年は、地域に住む外国籍の方々をカサコに呼び寄せる仕掛けをうったり、他の事業との関連を一層強固にしていったりしていきます。

We will invite more neighbors who related with outside of Japan.

「FUTURE PUB`LIC」運営パートナー(まちづくりにヨソモノ視点を)
‘FUTURE PUB`LIC’

IMGP9610

横浜駅西口の五番街の先、ムービルの一階に、横浜西口の未来を考え、実験していく新たな拠点「FUTURE PUB’LIC ヨコハマニシグチ」が2017年6月にオープンし、CoCはその運営パートナーとして主にインバウンド旅行者や留学生の西口への誘致を実施しています。

We start cooperating to open ‘FUTURE PUB`LIC’ in Yokohama.We mainly think how to invite more international people to Yokohama station area.

2017年に西口の魅力の発掘と整理を実施して来ましたので、2018年もその継続と、
外国人にとって西口を魅力的な場所、訪れたい場所にする仕掛けを、進めていきたいと思っています。

We organized where and what is the attractive point in Yokohama station area in 2017 and we will continue that in 2018.

世界の人の繋がりを視える化する「糸つなぎ」
‘Thread project’ make a visible connection

a99f18011ced5a6a6d457de6d2f201f1

2011年からスタートした糸つなぎは2017年3月に繋がった人数がついに10,000人を越えました。現在では84カ国11,654人の人が繋がっています。また皆様のご支援のおかげで、2017年8月には7年間続けてきた糸つなぎプロジェクトの企画展示をJICA横浜で実施することができました。期間中は外国人、子どもを含む1,748名が展示に訪れ私たちの繋いできた世界の繋がりに触れました。現在2名の糸つなぎ隊員が世界各地で繋がりを増やしていますが、2018年は糸つなぎ隊員も新たに募集し、2020年のオリンピックまでに参加する全ての国と地域の人を繋ぎたいと思っております。

It started in 2011 when Koske and Yoshi traveled all the way form Portugal to Japan by bicycle. They asked people in every country they visited to tie a short thread in order to make the connection visible.Since then, we have kept asking people from all over the world to tie their thread.We strive to teach people all around the world the importance of connections with others and encourage them to tie a piece of thread as a symbolic way to show their connection with the rest of the world.In August 2017, with the cooperation of two groups, we participated in an exhibition called“7 billion people connected by a thread”. We displayed our thread work and pictures of people all around the world who participated by tying their thread. 1,748 people attended!

ウガンダナイト

2017年は、自分たちの力だけでなく多くの人に支えられ実施できていることを実感した1年でした。改めていつも本当にありがとうございます。2018年がさらなる飛躍の年になるためにも今年も皆様の温かいご支援よろしくお願い致します。

We really appreciate your support.Thank you very much. We are looking forward to see you again in somewhere in the world.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

年間3000円/口からご寄付をいただいております

ご寄付はこちらから
error: Content is protected !!